記事一覧

LAでキャッキャ言われたい! 徹頭徹尾アマノジャクなカリフォルニア支度

アップロードファイル 13-1.jpgアップロードファイル 13-2.jpg

デニム特集です。今年はジーンズの生まれ故郷であり、作業着からファッションへ生まれ変わった地でもあるアメリカ西海岸を取材しました。デニム特集を担当して3年。海外取材の必要性を訴え続けて、まさに念願かなった渡米となりました。当然、“装備品”選びにも熱が入ります。

渡米に先駆けて、調光レンズ入りの跳ね上げ式眼鏡を手に入れたことはお伝えしました。次はウエアです。「アメリカに負けてたまるか!」「でもキャッキャ言われたい」という二律背反的な鼻息の荒さで選んだのは、浪速(なにわ)ブランドの「ブルーナボイン(BRU NA BOINNE)」です。インパクト十分なビジュアルと、辻マサヒロさんと德田直子さんの2人のデザイナーが恥ずかしがり屋でアマノジャクなため一切表に出てこないブランドパロディうんちくが魅力です。

「ブルーナボイン」の“雨中竹虎”Tシャツ(1万6000円)。ロサンゼルスのアップカミングなエリア、アートディストリクトで PHOTO : NORIHITO SUZUKI
降雨量が東京の4分の1ほどのロサンゼルスに行くのに、選んだのは“雨中竹虎”シリーズ。はい、ここアマノジャクポイントです。本当は開襟シャツ(2万6000円)が欲しかったんですが、すでに売り切れでTシャツ(1万6000円)を選びました。ハワイアンシャツの柄として知られる“竹虎”に雨を降らせたオリジナリティーもさることながら、後ろ裾のイエローの切り替えがアクセントになっています。

ヴァージルノーマルのチャーリー・ストーントン=オーナー(右)と奥さんでスタイリストのシャーリー・クラタ。チャーリーが持つのが、僕が欲しかったビニールバッグ PHOTO : NORIHITO SUZUKI
新たな“相棒”に袖を通して意気揚々と向かったのは、ロサンゼルスのおしゃれエリア、シルバーレイクにあるセレクトショップのヴァージルノーマル(VIRGIL NORMAL)です。アーティストのVERDYさんや、東京ブランド「10匣(テンボックス、TENBOX)」のPiguさんこと大森憲一ディレクターから話を聞いていたのと、同店のオーナーであるチャーリー・ストーントン(Charlie Staunton)さんや奥さんでスタイリストのシャーリー・クラタ(Shirley Kurata)さんが来日した際に取材していて、絶対に行ってみたい店の一つでした。

“遠足の準備に張り切り過ぎて、当日知恵熱が出ちゃうタイプ”だから、今回もあらためてあれこれ調べて「これを買おう!」と目星を付けていました。それが“VIRGIL NORMAL”とショップロゴが入ったビニールバッグ(75ドル、約7900円)です。娘のスイミングバッグと何が違うんだろう?と思いつつセレクトするあたり、アマノジャクでしょ(笑)?満面の笑みでの「くださいな」に対して、答えは「売り切れました」。ええ~っ、日本を発つほんの数日前まで売ってたのに~!!

分かりやすくショックを受ける僕を見かねてチャーリーが、「まぁ、落ち込むなよ。実は今日、店でパーティーがあるんだ。楽しんでいきなよ」とひと言。日曜日ということもあって、ロサンゼルス中のヒップなやつらがヴァージルノーマルに集まり、予想外の異文化交流が楽しめました。もちろん“雨中竹虎”Tシャツは彼らに大人気で、キャッキャ言われました。

開襟シャツは柄モノが人気!コーディネートにこなれ感を出すならロールアップしてみるのもアリ

アップロードファイル 12-1.jpg

夏至を過ぎ、夏も本格化してくると、涼しげな印象の開襟シャツが気になってくるという方も多いのでは?今回のピッティウオモでも開襟シャツコーデは多く見られたが、特に目立ったのは下のスタイリングで使用しているような柄モノ。華やかでリゾート感ある開襟シャツに身を包んだ洒落者が会場内を闊歩していた。着こなしにこなれ感を付与するなら、半袖でもシャツの袖をまくってアレンジを加えるのもイイ感じだ。

開襟シャツ(オープンカラーシャツ)でメンズコーデに抜け感をプラス!
今シーズンの一大トレンドアイテムとして大きな注目を集めている開襟シャツ(オープン...
プリーツ入りのベルトレスパンツを使ってトレンドを演出しながらコーデを一味違った雰囲気に
秋冬に引き続きプリーツを施した腰ゆるシルエットのパンツに注目が集まっている今シーズン、ピッティ ウオモではプリーツ入りのベルトレスパンツを穿いた洒落者の姿が多く見られた。ピックアップした御仁は、クリーンな真白のベルトレスパンツをボトムスにセットし、ウエスタンデニムシャツの土っぽさを払拭したコーデを構築。シャツをタックインしてスマートに着こなしながら、サイドアジャスターのシルバーバックルをアピールして男らしさを後押ししているのが◎

機能性も男らしさもひとしおな4ポケットのテーラードジャケットで半歩先行くコーデを作る
4ポケットといえばミリタリーやサファリテイストに良く見られるディテールだが、ピッティスナップ常連で今回も洒脱な装いで多くの目線を集めたロベルト・マラーロ氏が着用していたのは、テーラードジャケットにハイブリッドしたモデル。一般的なテーラードジャケットよりカジュアルで堅苦しい印象を与えないながら、テーラードジャケットならではのきちんと感もしっかりと携えている優れモノだ。御仁のスタイリングのようにドレッシーにキメるもよし、ラフな格好に羽織って休日コーデを構築するも良しと使い勝手バツグンのため、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか?

サファリジャケットでメンズコーデを武骨に演出!
ラフに羽織るも良し、タイドアップしてテーラードジャケットの代わりに着こなすのも良...

オッドジレを取り入れてスーツ・ジャケパンスタイルのイメージを刷新!
ピッティ ウオモ会場で多く見られたのが、スーツやジャケパンにオッドジレを組み合わせた着こなし。特に柄物のオッドジレを差し込んだ御仁が多く、ドレッシーな雰囲気を底上げするとともに奥行き感のあるコーデに仕上げていた。クラシカルな英国調や夏らしさ満点のストライプなど、柄によって千差万別の印象をもつため、ジレを取り入れたスタイリングを思い思いに構築してみてはいかがだろうか。

リネン混のシャツジャケットをさらりと羽織ってエフォートレスをキープしながら大人っぽさを加味!
シャツのボタン開けやベルトレスなどのこなしで寛ぎ感たっぷりに仕上げたこちらの御仁。抜け感がTooMuchにならないよう、シャツの上からリネン混のシャツジャケットをさらりと羽織っているのがポイントだ。ボトムスもリネン混のパンツをチョイスして上下の合わせに統一感をもたせながら、軽快感をより一層演出している。

ガリアーノ初の「マルジェラ」メンズは、“シナジー”でグラマーを手に入れる

アップロードファイル 11-1.jpgアップロードファイル 11-2.jpg

これまでもジョン・ガリアーノ(John Galliano)=クリエイティブ・ディレクターのビジョンをデザインチームが形にしてきたが、「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」は2018-19年秋冬、メンズも直接彼に委ね、そのコレクションを発表した。

ガリアーノは“シナジー”をキーワードに、今回のコレクションをメンズのオートクチュールと位置付けた。“シナジー”とは、何かと何かを掛け合わせた時、予想以上の相乗効果を生むこと。これにより彼は、メンズならではのグラマー(魅惑)にたどり着きたいと考えた。

“シナジー”をキーワードにメンズのクチュールを模索することでグラマーを手中にする——。その考えは、ファーストルックから明らかだった。ガリアーノが愛してやまない真紅のトレンチコート(上の写真左)は、まるで半年前のクチュールで発表したガウンコートのよう。ともにボタンで閉じることができるのに、モデルは手を添えウォーキングするところまでそっくりだ。

トレンチコートの身頃という身頃を全て排除し、ヘムと運針だけを残したようなトレンチコートも、その源泉はクチュールにある。

まずガリアーノは、メンズとウィメンズ、そしてオートクチュールとプレタポルテ、その境界を取り払い融合することで“シナジー”を手に入れ、新たなグラマーを模索した。

こうした洋服は、ガリアーノと、ガリアーノがメゾンに来る前の「マルジェラ」のシナジーであることも忘れてはならない。荒々しいカットオフや、生地を剥ぐことで中の構造をつまびらかにするアプローチは、過去の「マルジェラ」。多用したPVCや、アランニットを模したシリコンなど、普通なら洋服に用いない素材を実験的に採用するもの、従来通りの「マルジェラ」らしい。今の「マルジェラ」でトップに立つガリアーノが、かつての「マルジェラ」に敬意を表することで手に入れた過去と現在の“シナジー”も大きなポイントだ。

リアルか、リアルでないか?着られるか、着られないか?という視点で今回のクリエイションを振り返れば、その答えはともに「NO」だろう。しかし「マルジェラ」のクチュールは実験を繰り返すことでアイデンティティーを確立し、コマーシャルラインのビジネスにつなげてきた。我々が背中の4本ステッチに何らかの意味を感じて購入するのは、こうした実験によりブランドが帯びる特別性を意識的に、もしくは無意識のうちに感じ取っているからだ。ガリアーノのビジョンはこの後、コマーシャルラインにどう落とし込まれるのだろうか?

この夏何をゲットした? NYLONチームのサマーアイテム

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpg

シーズンの始まりはブツ欲がわいて、ついついショッピングをしてしまう。そんなお買い物中毒な編集部&ブロガーの、この夏ゲットしたアイテムをリサーチ。とびきり楽しい夏にするなら、まずはお洒落からスタートさせて!

「オーストラリアのブランドMink PinkのロンパースとSomedays Lovinのカーディガンは、あまり人と被らないデザインがお気に入り。フェスやイベントに行く時に活躍する予感。」

「MolliniのサンダルとCHANELのサングラスを購入。気が付けばホワイトカラーのアイテムに手を伸ばしていました。ミニマルでラフなスタイリングと合わせたいです。」

「アメリカの古着屋で発見した絵文字サンダルの可愛さにひと目惚れ! この夏はオールホワイトが気分なので、アクセントとしてコーディネイトに取り入れたいです。」

「海外旅行のエキストラバッグを探してたところ、発見! MARNIらしいテキスタイルがお気に入り。パッカブルタイプだから、内装ポケットに畳み込んでコンパクトに収納できるのも◎。」

「NY発のランジェリーブランド、ハンキーパンキーはセレブも愛用する注目ブランド。着け心地バツグンでストレスフリーなので、下着はタンガ派というナイロニスタにオススメ!」

「OLD NAVYのツートン×リーフ柄のワンピースは、エキゾチックな夏らしい色使いと柄がお気に入り。ちょっとおめかししないとな女子会ディナーとかに着ていきたい!」

「シンプルなモノトーンだけど洗練されたデザインに魅了されてNIKEのAir Max 90を購入。普段、私服ではスニーカーを履かないけど、これを機にヘビロテしたいと思います♡」

「ネイビー地に散りばめられた白の小花柄に魅かれて即決したH&Mのメンズキャップ。柄物をあまり持っていないので、コーデのアクセントとして重宝しています。」

「jouetieで買ったデニムのワイドパンツは、形がものすごくよくて脚が長く見えるのがお気に入り。無地Tを合わせて、小物でエッジを効かせたカジュアルシンプルなスタイルが気分♪」

「MONKIでゲットしたサングラスは、大人らしいベージュカラーなのに、今っぽいシルエットにひと目惚れして購入。カジュアルになりがちな夏コーデのポイントとして使いたい!」

開襟シャツのメンズコーデと人気ブランドをご紹介

アップロードファイル 5-1.jpgアップロードファイル 5-2.jpgアップロードファイル 5-3.jpgアップロードファイル 5-4.jpgアップロードファイル 5-5.jpg

トレンドアイテムとして注目の「開襟シャツ」。襟元が大きく開いたクラシックなデザインや首回りがゆったりとした着心地のよさで人気沸騰中です。カジュアルなデニムパンツからシックなスラックスパンツまで幅広いメンズコーデを楽しめます。
開襟(かいきん)シャツとは、襟元が大きく開いたシャツのことで、襟元の第一ボタンがないのも開襟シャツの特徴です。主に夏服のアロハシャツなどが代表的なデザインのひとつで、夏用の学生シャツなどでも多く用いられています。トレンドアイテムとして夏用だけではなく、1年を通して着回しが効く長袖タイプもおすすめです。

襟元が大きく開いている開襟シャツは、殆どのアイテムで襟が立たないためにネクタイができません。どうしてもネクタイをしたい場合は、襟芯などを後付けしてアレンジをする必要があります。
夏にフルで着る「半袖開襟シャツ」or 3シーズンで着る「長袖開襟シャツ」
襟元が大きく開いているため涼しく着用できるのも開襟シャツの魅力。そのため、半袖のアイテムとして夏メインでの着用も外せません。毎年夏のコーデで主軸となりがちなTシャツコーデからのマンネリ化も打破できます。また、半袖の開襟シャツとロンTなどを組み合わせることで、春から秋にかけて長く着用できるのもおすすめです。

反面、トレンドとして長袖の開襟シャツも多く、春秋冬の3シーズンで長く着用可能。春や秋は開襟シャツ1枚で着用し、冬はニットやコートと合わせて着回せます。まずは、半袖タイプの開襟シャツか長袖タイプの開襟シャツかを選ぶことで季節ごとのコーデの幅を広げられます。

やわらかく滑らかな「素材感」
襟付きのシャツは、フォーマルシーンでも活用できるようなパリッとした綿素材が一般的ですが、開襟シャツはノーネクタイのカジュアルメインで着回す印象が強いので幅広い素材感を楽しめる魅力があります。

トレンドは「レーヨン」や「サテン」などのやわらかく滑らかな素材や、「ナイロン」「ポリエステル」のようなシックなコーデにも相性のよい素材。それぞれの素材感にストレッチ性のあるポリウレタンが合わさることでさらに着やすい素材感の開襟シャツが人気です。

素材感によって色やデザイン、季節感も大きく変わってくるため、コーデの幅をさらに広げる大切なポイントのひとつ。

ゆったりとした「シルエット」
素材感と共に、着回しのキーワードと言えるのがシルエットです。シルエットは見た目としてのポイントだけではなく、着心地と実用性を兼ね備えたポイントでもあります。

首元が大きく開いている開襟シャツの大きな魅力は「着やすさ」です。ゆったりとしたリラックスできるシルエット選びが、着心地のよい開襟シャツを選ぶおすすめのポイントです。

シルエットを選ぶポイントは、普段着用しているサイズよりワンサイズ上のサイズをチョイスすること。少し大きめな印象が、簡単にトレンドを意識したおしゃれな開襟シャツコーデを演出してくれます。

しかし、大きなサイズを選ぶことに慣れていない方も少なくはないはず。ワンサイズ上をチョイスする際は、パリッとした硬めの素材感を選ぶと横に大きなシルエットなってしまうので注意しましょう。

無理しない程度にトレンドを意識したい方は、まず生地が落ちやすいやわらかで滑らかな素材感をチョイスするのがおすすめです。

クラシックでモダンな「カラー」
開襟シャツがトレンドアイテムとして人気沸騰中な理由のひとつに、ファッショントレンドの「クラシック」回帰があります。クラシックなコーデを手軽に印象付ける開襟シャツだからこそ、トレンドアイテムとして注目が集まっています。

そこでトレンドを取り入れた開襟シャツを選ぶうえで外せないおすすめポイントがカラーです。無地の開襟シャツであればブラウンやカーキがおすすめ。模様・柄・デザイン入りの開襟シャツはオレンジやレッドなどクラシックな色味が人気です。
ナノ・ユニバース
国内を代表するセレクトブランド。カジュアルアイテムからシックでフォーマルなアイテムまでをセレクトし取り揃えています。自社ブランドのアイテムもコストパフォーマンスのよさや実用性を兼ね備えたアイテムが多く人気があります。

ティーケー タケオキクチ
30年以上の歴史があるタケオキクチのストリートライン。スーツやジャケットなどのフォーマルウェアから、バッグ・シューズに至るまでトラディッショナルなデザインに定評のあるタケオキクチのストリートラインとして、トレンドに敏感なカジュアルアイテム・ストリートアイテムまでを取り揃えています。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング
約18のブランドラインを展開しているユナイテッドアローズのブランドラインのひとつ。価格帯やデザインにおいては、20代からも購入しやすい価格設定、トレンドデザインからベーシックなデザインまで、シックで落ち着いた印象のアイテムが多くラインナップされています。
カジュアルにもシックな装いにも対応できるベーシックな白の開襟シャツ。パリッとしたコットン素材により、成型よく大人な印象で着こなせます。

シルエットも身体に沿った印象でカジュアルダウンし過ぎません。トレンドに左右され過ぎないため、数シーズンにかけて使い回しが期待できるおすすめ開襟シャツです。
綿100%で芯のある着こなしを楽しめ、着こなすほどのクタクタ感でさらに雰囲気が増す開襟シャツです。カジュアルな印象が強いインディゴシャツですが、カジュアルダウンし過ぎないきれいめ感がおすすめ。モノトーンのコットンパンツやチノパンなどとの相性も良好です。
3シーズンで活躍してくれる長袖の開襟シャツの中でもベーシックな印象の開襟シャツ。アースカラーを基調とし、カジュアルダウンし過ぎない色味により大人の印象も与えます。

ポリエステルやレーヨンなどの滑らかでやわらかい素材の中に、伸縮性のあるストレッチが混合されている上品さと着やすさを兼ね備えた1着。
大人のストリートブランドとして、シックな印象の中にも落ち着いた遊びがミックスされている開襟シャツ。大人めの素材感が同ブランドの特徴です。

吸汗性のあるシアサッカー素材がモノトーン色でも、暑さを感じさせません。またボタンなどのディティールも、同ブランドらしい品を感じさせてくれる開襟シャツに仕上がっています。
約100年以上の歴史があるアメリカンブランドとして、国内でも人気の高いショットの開襟シャツ。大人っぽい本格派でクラシックなデザインは、トレンドに左右されずに着こなせます。

着るほどに味わいが増していくのも同ブランドの魅力のひとつ。レーヨンによる艶のある素材感やユーモアがある刺繍デザインも、大人のちょいワルな印象を与えます。
開襟シャツは首元が大きく開いているため、ゆったりとした着こなしの印象が強く出ます。大人カジュアルとしてコーデをするうえでは、カジュアルダウンし過ぎないのがコーデポイントです。

特に柄ある開襟シャツにおいては、カジュアルダウンし過ぎないように柄を活かしたコーデを駆使するのも覚えておきたいコーデ技のひとつ。

柄の中の色とパンツの色を合わせ、同系色にすることで全体の印象がより締まって見えます。さらに引き締めて見せる際は、帽子や革靴でコーデを挟むのも効果的。シャツの色やデザインからコーデを足しひきすることで印象も大きく変化します。
トレンドアイテム同士のコーデもチェックしておくことで、トレンドに着られないバリエーションある開襟シャツの着こなしを楽しめます。おすすめトレンドは、ゆったりとしたシルエットで開襟シャツを着こなすこと。

さらにトレンド感をアップさせるのが、シャツと同じくらいゆったりとしたシルエットのパンツです。全体のシルエットがゆったりとしていて、オーバーサイズな印象で開襟シャツを着こなすことで、より洗練されたコーデをつくれます。
開襟シャツ1枚で着こなしてしまうと、首回りが大きく開いているため、ルーズな印象も与えてしまいます。開襟シャツを主軸に清潔感あるコーデにするポイントは、開襟シャツのインナーにTシャツを合わせるのがおすすめ。合わせるTシャツは首詰まりタイプのクルーネックなどが効果的です。

さらに、清潔感のある開襟シャツコーデを印象付けるうえで活用できるのが、タイトサイズの白パンツ。白は膨張色でもあるので、ゆったりとした開襟シャツとシルエットの相性も抜群です。
トレンドコーデだけでなく、防寒としても取り入れたいのが、タートルネックをインしたレイヤード開襟シャツコーデ。シックで落ち着きのある開襟シャツコーデのひとつです。

ベーシックに取り入れられるコーデのポイントは、開襟シャツと同系色のタートルネックを合わせること。逆に色を変えると開襟シャツが前面に引き立つため、カジュアルダウンした印象やストリート感のある印象を与えてしまいます。

また、開襟シャツの生地感と同じような生地感のタートルネックにすることで、さらに統一感が生まれ、落ち着いたコーデにできておすすめです。
覚えておきたい開襟シャツトレンドコーデとして、開襟シャツをタックアウトしたスタイルは、「ストリートカジュアル」な印象が強いのに対して、開襟シャツをタックインしたスタイルは、「ストリートクラシック」な印象のコーデに仕上げられます。

また、開襟シャツをタックインするパンツのシルエットが大きいほど、よりクラシックな印象となり、タックインするパンツのシルエットがタイトで細い程、トレンド感が強いストリートスタイルになります。

さらに、開襟シャツの裾元を全てタックインするとよりトレンド感のあるストリートスタイルに、裾を少しルーズに出すことでよりクラシック感のあるスタイルを印象付けられます。
トレンドマストなパンツとして人気がある、サイドにラインが入った「ラインパンツ」や、トレーニング時などに着用するスウェット生地の「ジョガーパンツ」と開襟シャツとの合わせもおすすめ。足元にはスニーカーを合わせることで、さらにトレンドを意識したスポーティー開襟シャツスタイルが完成します。

合わせる開襟シャツは、サラッとやわらかなレーヨンなどの素材がおすすめ。少しゆったりめのシルエットで着用するとよりトレンド感がアップします。ベースボールキャップなどをプラスすると、さらにストリートトレンドな開襟シャツスタイルの完成です。
モノトーンシックなデザインの開襟シャツにはブラックスキニーパンツがおすすめ。ブラックスキニーパンツを合わせることで、ストリートシックな開襟シャツコーデに仕上がります。

開襟シャツがモノトーンなので、足元のパンツを細身でタイトなシルエットにするとコーデにメリハリが付き、スタイリッシュな印象で開襟シャツを着こなせます。

ブラックスキニーパンツも、膝元などにダメージ加工が施されたアイテムをチョイスすることでさらにトレンド感がアップ。足元はハイカット系のブーツで高さを付けることで、さらにスタイリッシュな開襟シャツコーデができます。
開襟シャツコーデを考えるうえで見逃せないポイントのひとつが靴。中でもおすすめしたいのがローファーなどで足首を見せる大人シックなコーデです。開襟シャツの特徴でもある首元の開きをコーデでどう活かせるかで、コーデのバリエーションの多さが変わります。

そこで注目したいのが首回りの肌面積。洋服以外のコーデポイントでもある肌面積を調節することで、開襟シャツコーデをバランスよくまとめられます。
元々クラシックなアイテムの開襟シャツは、アロハシャツのような柄のデザインや、モノトーンな色のアイテムが多く見られ、夏は明るめの色で、デザインも派手なシャツが多くなる傾向があります。

トレンドアイテムとして人気の開襟シャツは、オレンジやブラウン、グレーなどのアースカラーが多く見られており、クラシックでモダンなコーデを楽しむのも魅力的なアイテムです。

トレンドアイテムとして、半袖だけではなく、春秋冬で楽しめる長袖タイプも多いので、アウターなどとも相性よく合わせられます。

開襟シャツはシャツの中でも特に、着やすさが魅力といっても過言ではありません。襟の形やボタンがないデザインがポイントのひとつですが、そのひとつだけでコーデの幅もグッと広がります。メンズファッションはアイテム数が多くないからこそ、ボタンひとつないシャツの着こなしも奥深く楽しめます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ