記事一覧

時計の売買だけで生計を立てる幸運な人物にインタビュー

中古品がどのようにしてCrown & Caliberに掲載されるのか不思議に思ったことはないだろうか? その責任者に話を聞いてみた。時計バイヤーのマーク・ハックマン氏だ。

HODINKEEの向こう側、通称Crown & Caliber(以下C&C)には、マーク・ハックマンという人気のユーチューバーがいる。YouTubeで隠れた名品を紹介していないときは、C&Cのバイヤーとして夢のような生活を送りながら、最高級の在庫を選んでいる。今回は、マーク氏がC&Cに入社した経緯や、今注目している時計などについてお話を伺った。

コール・ペニントン: 時計への興味はどこから始まりましたか? 虜になった瞬間を教えてください。

マーク・ハックマン: 子供の頃、親父にロン・ジョン・サーフ・ショップのフリースタイルシャークを買ってくれとせがんだときから時計をつけています。父はいつもG-SHOCKを身につけていて、私はそれだけで時計の世界を知っていたのです。20代前半の頃、妻が亡き父の時計をサプライズでプレゼントしてくれました。1964年製のブラックベゼルのロレックス GMTマスター 1675です。当時、私が知っていたのは、それがロレックスであるということだけだったので、この時計についてできる限りのことを調べ始めました。2007年のことですから、情報を得るのは少し難しかったですね。その過程で私が得たものは、時計への愛と、時計が歴史、工学、芸術といかに交わるのかということでした。夢中になりましたよ。

中古時計の買い取りを専門的に経験している人は、世界的に見ても非常に少ないと思います。私はずっと時計業界で働きたいと思っていたので、Crown & Caliberのことを知ってすぐに、自分に合いそうなポジションに目をつけました。当社には、私にチャンスを与え、面接の機会を与えてくれた素晴らしい人事部のシニアディレクターがいます。それ以来、私は幸運にもYouTubeチャンネルで私の時計への情熱の一部を伝えることができるようにもなりました。

【関連記事】:http://attendees.top/

コメント一覧

ブランド時計コピー専門店 URL 2021年08月27日(金)11時39分 編集・削除

2021新作最高級超スーパーコピー時計、ブランド時計コピー、送料無料、確実に届くブランド パロディは品質3年保証で