記事一覧

ロレックス2021年秋冬の時計新製品を実機写真で!

ロレックス2021年秋冬の時計新製品を発表。衛生上の観点から恒例の発表会は見送られたが、ラインナップは魅力的。

掲載した写真はすべてクリックで拡大表示。価格は税込み、発売月はすべて予定。新型コロナウイルス感染症の影響で発売に関して変更が生じる場合があることをご了承いただきたい。

大人気!ロレックス コスモグラフ デイトナ 偽物★メンズ 116509

完全自社開発の垂直クラッチ式クロノグラフムーブメントのキャリバー4130を搭載した「デイトナ」。
プッシュボタンが押されたその瞬間にクロノグラフ秒針を運針または停止させることが出来ます。
特許を取得したパラクロムヘアスプリングは、耐衝撃性・温度変化にも強いという特性があります。
こちらはホワイトゴールド製のデイトナで、新たに加わったスチール/ブラックダイアル。
スポーティーでありながらも落ち着いた大人の雰囲気を演出します。

2021新作 ロレックス スーパーコピー GMTマスターII ジュビリーブレス 126710BLNR

バーゼルワールド2019のメインモデル。新世代ムーブメントを搭載し、生まれ変わったバットマン
「やはりきたか」この新作を前に、しばし思いに駆られたものです。 ロレックスは昨年同様、バーゼルワールド2019においても新作GMTマスターIIを打ち出しました。 「次のGMT新作は黒ベゼルか、青黒ベゼル―通称バットマンか」バーゼル前夜にはこういった予想が飛び交っていたので、順当な新作だと思います。 基本デザインは従来の116710BLNRと大きくは変わりません。 昨年ペプシモデルでレギュラーとして初登場した126710BLRO同様に、ジュビリーブレスレットを搭載させてきました。これも想定の範囲内でしょうか。 近年、セラクロムベゼルを搭載するなど、繊細な、しかしドラスティックなデザインイノベーションを行ってきたロレックスですので、思ったよりは無難な路線かな、とも思ったファンはいるかもしれません。 しかしながらロレックスはもともとオリジナルのデザインを踏襲しているところが大きな魅力。ファンも奇抜なデザインなどは望むところではありません。 また、展示されている実機を会場で見た限りでは、これまでのバットマン同様に非常に完成されたデザインに仕上がっており、これは人気が出るだろうな、と思いました。 細部を見るとアップデートが加わっています。その詳細は後述するとして、実はバーゼルワールドの喧騒のかたわらで、116710系が全て絶滅しているのではないか、という情報が飛び込んできました。もちろん、黒ベゼルも含めて。

【関連記事】:http://naohaginao.top/

コメント一覧

待望のマイクロサイズが登場 URL 2021年09月29日(水)16時21分 編集・削除

待望のマイクロサイズが登場!ヴァレンティノの新作バッグ「ナッパ」

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー